易菇网手机版
current location: Index » 日文 » ダイナミック » text

マツタケ不作に長野悲鳴 秋の高温少雨で生産量1~2割


[Release date]2019-12-19[source]中日新闻
[Core hints]人工的な栽培が難しく、高級食材として知られるマツタケ。例年、国産マツタケの半分以上を生産する長野県で今年、記録的な不作と

人工的な栽培が難しく、高級食材として知られるマツタケ。例年、国産マツタケの半分以上を生産する長野県で今年、記録的な不作となっている。大消費地の愛知県で卸売価格が高騰しているほか、ふるさと納税の返礼品としてマツタケ発送を断念する自治体も。秋の高温と少雨が原因とみられ、生産量は昨年の一~二割程度になる見通しとなっている。

例年なら収穫期の終わりに当たる十一月中旬、長野県内でも有数の生産地である豊丘村の飯伊森林組合直売所で、ようやくマツタケが並び始めた。数は少なく、売り場の半分も埋まらない。組合員は「やっと出てきたけど、例年よりずっと少ない」と嘆いた。

愛知県内で国産マツタケの取扱量が多い名古屋市中央卸売市場北部市場内の卸売会社「セントライ青果」によると、例年九月中旬から十月中旬にかけて八十キロ余りを主に長野県から仕入れるが、今年の仕入れは一キロ未満で二日間しか扱えなかった。市場価格も昨年の一キロ当たり約二万円が、同約四万円に高騰した。

名古屋市内の百貨店でも「台風被害もあり、今年は長野県産を全く扱っていない」(売り場担当者)。主に北米産のほか、東北や岐阜県産を販売している。

林野庁によると、長野県産マツタケは二〇〇六年から、不作だった一七年を除いて生産量全国トップ。昨年は四二・一トンだったが、今年の生産量は平成に入ってから五番目に少ない五・五トンと長野県は推計。虫食いが多く、大きさも小ぶりだった。

同県林業総合センターは、八月末に一度気温が下がったものの、九月に入って気温が上昇し、降雨量が少なかったことが原因とみる。長野地方気象台によると、九月以降、同県全域が温かい高気圧に覆われ、マツタケ生産が盛んな飯田下伊那地域の飯田市の観測所では九、十月の平均気温が平年より二度以上高く、九月の降水量は平年の18%にとどまった。

不作に見舞われた豊丘村では、本年のふるさと納税のうち、約一億円分の返礼品にマツタケが含まれていたが、全く発送できなかった。同村はマツタケの発送を来年に持ち越すことを決定。これに伴い、来年はマツタケを返礼品とした約一億円分の募集を断念する。

納税額への影響が懸念されたが、村が発送したおわびの文書には、応援や心配の声が多く寄せられ、既に始まっている来年のふるさと納税の募集も順調だという。同村の担当者は「マツタケとセットで送っていた果物や細かなサービスを通して豊丘のファンになってもらえた。本当にありがたい」と話した。

 
[ search ]  [ Join the collection ]  [ Tell your friends ]  [ Print this article ]  [ Violation Report ]  [ close window ]

 

 
Image & Text
Referral information
Click on the rankings
 

最新专题

 
易菇网手机版
产品检索: A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
中国菌物学会单位会员  中国食用菌协会理事单位会员  深圳市互联网技术应用协会单位会员  深圳市电子商务协会单位会员  |官方微博  
运营单位经营资质  中国农业百强网站证书  双软认证证书  软件著作权证书  出版物经营许可证号:新出发书刊字第司字OV-060号  食品经营许可证号:JY14201180010720
Copyright 2010-2020 EMUSHROOM.NET All Rights Reserved 粤ICP备09220136号 Processed in 1,579,417,305.143 second(s), 22 queries, Memory 2.15 M