易菇网手机版
current location: Index » 日文 » ダイナミック » text

弁当はマツタケご飯ばかりだった 全国一の産地・丹波も今は昔、人工栽培に復活かける


[Release date]2019-11-19[source]京都新闻社
[Core hints]急勾配の山道を登ると、手のひらサイズの見事な「キノコの王様」が待っていた。アカマツが生える京都府亀岡市宮前町の山林。南丹

急勾配の山道を登ると、手のひらサイズの見事な「キノコの王様」が待っていた。アカマツが生える京都府亀岡市宮前町の山林。南丹市八木町の料亭「八光館」の寺田憲司専務(33)のマツタケ狩りに同行した。

マツタケ菌はマツの根に感染し、シロと呼ばれる塊をつくる。そのシロが胞子を飛ばす「花」にあたるのがマツタケだ。寺田専務が慎重に引き抜くとかぐわしい香りが漂う。寺田専務は「今年は発生が2~3週間遅く、出ないかと思った。丹波産は軸がどっしりして香り高い。見つけた時の喜びは大きい」。

八光館では丹波産の焼きマツタケが目玉のコースを提供。3万円以上するが東京など全国から食事客が訪れる。

一方で府内産のマツタケ生産量は1930年に全国1位の944トンを記録したが減少が続き、昨年は1・4トンに激減。同館では長野県産や中国産も扱う。全国では、消費の9割以上が輸入物だ。

行楽客でにぎわい

寺田弘和社長(62)は昭和40~50年代の八木町の光景を懐かしむ。秋になると、マツタケを求める行楽客で八木駅はにぎわった。「京都市内から芸妓を連れて来られる方もいて、山で宴会をした。園部や日吉に問屋があり、贈り物に使われた」と振り返る。

地元の八木町南地区自治会の山林では毎秋に山の入札があり、自治会に約500万円の収入があったという。寺田社長は「道の修繕や運動会に充てていた。農家も自分の山にとりにいき、みんながほくほくだった」と語る。

山間部の美山町今宮地区もかつてマツタケの名産地だった。住民が交代で取りに行き、個人や区の所有にかかわらず、採れたマツタケの収益を住民に分配した。自宅が集荷場になっていた大秦正一さん(85)は「子どもの頃の弁当はマツタケご飯ばっかり。保存食として味噌漬けもあった」と振り返る。今では今宮区、八木町南地区とも、マツタケはほとんど出ないという。

痩せて乾燥した土地を好むアカマツ林はそもそも人間の手で誕生した。丹波では平安京造営時に桂川の水運を使って木材が運ばれ、流域は都を支える建材や燃料の供給地だった。植生史が専門の小椋純一・京都精華大教授は「古来、京都周辺の山は伐採されすぎて回復できず、はげ山ができた。そこはアカマツが増えやすい環境だった」と指摘する。

さらに「江戸時代初期に、はげ山はピークを迎え、山の土砂流出を防ぐためにもアカマツが植えられた」と説明する。亀岡市や八木町では土砂流出対策をした記録や京都町奉行所からの通知が残る。

しかし、戦後になると、マツタケは激減した。その要因は燃料革命と松枯れのまん延だ。マツタケは山林に腐った落ち葉が堆積し、日当たりや風通しが悪いと発生量が減る。1960年代の石油やガスの普及で、薪(まき)や落ち葉が使われなくなると、成育に適した環境が少なくなった。山は放置されてマツも老齢化した。北米から侵入した昆虫を媒介にしたマツノザイセンチュウによる松枯れが70年代には深刻化した。

府は森林技術センター(京丹波町)が栽培研究を続けている。マツ山の雑木を切って風通しを良くし、腐った落ち葉を除去すると、マツタケは増えるという結果は分かったが、人工栽培の方法は確立していない。

藤田徹主任研究員(58)は「菌をまいて芽がでるまではできたが、育って収穫まで至っていない。シロで菌を感染させた苗を移植し、生やす実験をしている。分かっていない生態もあって、最後の一歩が出ていない」。

山と人の関係の変化とともに激減した神秘のキノコ。人工栽培による起死回生に期待がかかる。

 
[ search ]  [ Join the collection ]  [ Tell your friends ]  [ Print this article ]  [ Violation Report ]  [ close window ]

 

 
Image & Text
Referral information
Click on the rankings
 

最新专题

 
易菇网手机版
产品检索: A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
中国菌物学会单位会员  中国食用菌协会理事单位会员  深圳市互联网技术应用协会单位会员  深圳市电子商务协会单位会员  |官方微博  
运营单位经营资质  中国农业百强网站证书  双软认证证书  软件著作权证书  出版物经营许可证号:新出发书刊字第司字OV-060号  食品经营许可证号:JY14201180010720
Copyright 2010-2019 EMUSHROOM.NET All Rights Reserved 粤ICP备09220136号 Processed in 1,576,402,901.807 second(s), 22 queries, Memory 2.15 M