易菇网
current location: Index » 日文 » 特定のテ-マ » text

李玉:食用菌の産業開発が必要以上に注目


[Release date]2017-12-23
[Core hints]現在、わが国の食用菌総生産量は全世界の75 %以上を占めている。2008年から2016年工場化の企業数は次第に上昇、今まですでに600家に近い。工場の生産能力は現在放送を世界トップを占めて、全世界の食用菌の工場の総生産量の43%に、2010年は2016年までに日産量が7000トン以上、これは他の国に比べにならないの。
 QQ截图20171007150339
我が国は世界の認知と利用食用菌の最初の国、《神農本草経』『礼記』も記載の違いは食用菌と薬用菌タイプ。わが国も世界で栽培菌が最も早い国で、初の栽培記録は34個を超えている。
現在、わが国の食用菌総生産量は全世界の75 %以上を占めている。2008年から2016年工場化の企業数は次第に上昇、今まですでに600家に近い。工場の生産能力は現在放送を世界トップを占めて、全世界の食用菌の工場の総生産量の43%に、2010年は2016年までに日産量が7000トン以上、これは他の国に比べにならないの。
2015年我が国のきのこ工場化栽培品種が多いのはエノキ、次にエリンギ、その他、しいたけ、カニ風味のキノコなど。スーパーで見ることができる種類が絶えない。全国の食用菌類の輸出額は着実に上昇し、2016年は同8 %増の30億ドルを超える。全国食用菌の上場企業も飛躍的に増加して、ここ数年来、じゅうご家食用菌の企業家とはち薬用菌企業はそれぞれ、マザーボード、新サンパンや中小企業ボード上場、多くの資金にこの産業。
今の中国の大面積栽培シイタケのほとんどは、お母さんの子供も、は日本から導入した最初のしいたけ品種生き延び、これは非常に深刻な問題。種菌の混乱、品種に混ざり、品質基準がまとまらず、ほぼ独占国外の品種、木材腐朽菌種から日韓、草腐朽菌種欧米から、私たちは、知的財産権の品種はまだ。食用菌の菌はこの産業の持続可能な起点であり、自分たちの手にしっかりとつかんでいかなければならない。
詳しく加工能力が足りないのもわが国の食用菌産業の一つの問題にも制約されている。わが国の食用菌の加工品は500種以上で、加工率は6 %で、海外の加工率は75 %に達した。
我が国の食用菌産業の使用する機械設備も多く海外から来ている。中国の各世帯の特徴や地域が広大で分散の特徴で、不適切な欧米を大型機械取引が中国に来てからではなく、何軒か変わっ使用の簡略化設備が次の発展の方向。
菌物研究多くの伸びの分野では、たとえば薬業。提案を「菌物薬」を漢方薬の範疇。今、菌物薬を利用して生産のいくつかの新型の治療できる難病の薬剤は、非常に広い前途。例えば日本の生産の1種の切除術使用後の注射薬――天地欣、成分はレンチナン、一針1680元まで売り。しかし、中国にはこのような高純度の薬物を生産できる企業はありません。
Key word 食用菌
 
[ search ]  [ Join the collection ]  [ Tell your friends ]  [ Print this article ]  [ Violation Report ]  [ close window ]

 

 
Image & Text
Referral information
Click on the rankings
 

最新专题

 
易菇网