易菇网
current location: Index » 日文 » ダイナミック » text

キノコ発生で倒木の危険 桜の名所で4割伐採へ


[Release date]2018-03-30
[Core hints] 桜の名所がピンチだ。キノコが大量に発生したソメイヨシノ。横浜市は倒木の危険もあるため、伐採する方針だ。 JR横浜駅から徒
 桜の名所がピンチだ。キノコが大量に発生したソメイヨシノ。横浜市は倒木の危険もあるため、伐採する方針だ。
 
 JR横浜駅から徒歩15分ほどの場所にある幸ケ谷公園。満開のソメイヨシノに埋め尽くされた園内は圧巻で、穴場の花見スポットとして地元では有名だ。そんな知る人ぞ知る桜の名所が、思いもよらない事態に陥っていた。
 
 横浜市HPから:「園内のソメイヨシノを40本ほど伐採します」
 
 横浜市によると、園内の一部のソメイヨシノに倒木の危険性があり、この夏にも伐採する予定だというのだ。しかし、なぜ倒木の危険があるのか。
 
 横浜市神奈川土木事務所・光田麻乃副所長:「このソメイヨシノが一番見た目で分かりやすいと思うが、かなり腐朽が進んでいる」
 
 確かに、木の表面が腐って剥がれ落ちている。さらに…。
 
 横浜市神奈川土木事務所・光田麻乃副所長:「キノコが生えているのが分かる」
 
 キノコは弱った木に発生することが多く、発生した木は中が空洞化している場合もあるという。横浜市が調査した結果、園内のソメイヨシノ約100本のうち、4割にあたる43本が傷んでいて、倒れる恐れがあることが分かった。それではなぜ、これほどたくさんの桜が一斉に傷んでしまったのか。
 
 横浜市神奈川土木事務所・光田麻乃副所長:「植えられてから約70年経っている。かなり寿命を超えている」
 
 実は、ソメイヨシノには寿命があるのだ。生育環境にもよるが、一般的に寿命は約60年と言われている。この公園のソメイヨシノは平均寿命を10年ほど過ぎているのだ。そのため、市は6月以降に回復の見込めない43本を伐採する方針だ。園内のソメイヨシノの4割を伐採。市はその後、新しい品種の桜20本ほどを植える方針だ。
 
[ search ]  [ Join the collection ]  [ Tell your friends ]  [ Print this article ]  [ Violation Report ]  [ close window ]

 

 
Image & Text
Referral information
Click on the rankings
 

最新专题

 
易菇网